運動・ストレッチ

更年期障害ケアの運動・ストレッチイメージ画像

更年期障害の症状をやわらげる、運動・ストレッチの方法についてまとめました。運動やストレッチがどんな症状に効果を持つのか、続けることでどのようなメリットがあるのか、ぜひチェックしておいて。

更年期障害のケアにおける運動・ストレッチの必要性

更年期障害のケアで近年注目されているのが運動療法です。運動療法の効果として挙げられるものは以下の通り。

  • 自律神経バランスの調整
  • ストレス解消
  • 不眠の改善
  • 肥満防止
  • 新陳代謝・食欲アップ
  • 血流改善による冷えの緩和
  • 生活習慣病の進行予防
  • 骨粗しょう症の予防

「家事や仕事で身体を動かしているから」という方もいると思いますが、これでは身体の決まった部分しか動かすことができないため不十分。普段あまり使わない筋肉を意識することが、運動療法の効果を出す秘訣となります。

効果的なものとしては、ストレッチ・ウォーキング・ヨガ・水泳などの有酸素運動がおすすめ。そして何より大切なのが、定期的に継続して行うことです。メニューにもよりますが、運動の頻度としては週3回以上が目安となります。ただし、運動の習慣を持たない人がいきなりムリに身体を動かすと、逆にストレスが溜まったりケガをしかねません。

以下に初心者でも簡単に始められる運動法をご紹介していますので、気持ちよく身体を動かすことを習慣にしてみてください。

おすすめの運動・ストレッチ法

ピックアップして3つの方法を紹介しています。

【関連記事】

■ツボ押し・マッサージ
■入浴・睡眠
■更年期障害の対処法1:食事を改善する

▲このページの上部へ