中間証の方

更年期を緩和する漢方薬

漢方の分類で「中間証(バランスのとれた理想形)」とされた方に出やすい、更年期障害の症状について解説。中間証の方におすすめの更年期に効く漢方薬も掲載していますので、セルフケアの参考にしてくださいね。

中間証の方によく見られる更年期障害の症状

中間証とは、実証・虚証のどちらのタイプにも当てはまらない人。どちらにも偏りのない、バランスのとれた理想的な状態です。体質的にはもっとも安定しているのですが、もちろん更年期障害の症状は現れます。

中間証の人によく見られるのは、不眠・めまい・ほてり・のぼせ・頭痛・貧血・食欲減退・イライラなど。些細なことでカッとなりやすく、反動で強く落ち込むようなタイプには中間証が多いようです。そのため、自律神経のバランスを整える漢方薬が処方されます。

中間証の方の更年期障害に効く漢方薬3選

【関連記事】

■漢方の体質1:実証
■漢方の体質2:虚証
■更年期障害の対処法4:サプリメントを取り入れる
■更年期障害の対処法1:食事を改善する

▲このページの上部へ