更年期の対処法2:市販薬を服用する

更年期を緩和する市販薬

更年期障害の症状を緩和するための、市販薬についての基礎知識をまとめています。おすすめの市販薬についての情報も必見です。

更年期障害の緩和に使われる市販薬の特徴

身体のほてり・のぼせ・冷え・頭痛など、更年期症以外の症状はあるものの、病院に行くほどのレベルではない…と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。まだ軽度の更年期障害でセルフケアで症状を緩和できる場合は、市販薬を使用するのもひとつの手段です。

ドラッグストア・薬局などへ行くと、更年期障害の症状改善に効果があるとされる商品が数多く販売されています。

これらの主な成分は、植物・動物・鉱物などを加工した生薬(しょうやく)。いわゆる漢方薬です。合成化学薬剤と違って効果の出方は緩やかですが、漢方は更年期障害におけるエビデンスも確立されており、とくに自律神経の調整に効果を発揮してくれます。

そしてなんといっても、副作用が少ないのがメリットです。漢方製剤のほかには、更年期の冷え・肩こりなどに効くビタミンE製剤が有名。生薬とビタミンEなどの成分を組み合わせた製品なども販売されています。

ここでは、以下の3製品について詳しく解説しています。

大豆イソフラボン大特集のバナー

▲このページの上部へ