ルビーナ/武田薬品

更年期を緩和する市販薬

更年期障害を緩和する、武田薬品の「ルビーナ」の成分・特徴について詳しく調べました。更年期障害のどんな症状に効果があるのか、実際に利用している方からの口コミはどうなのか、気になる情報をチェックして。

「ルビーナ」の更年期障害に対する効果


更年期障害の諸症状に効くルビーナの成分
商品名(販売元) ルビーナ(武田薬品)
価格・内容量 3,080円(税抜)・180錠
医薬品としての分類 第2類医薬品
配合成分 連珠飲エキス散・トウキ・シャクヤク・センキュウ・ジオウ・ブクリョウ・ケイヒ・ソウジュツ・カンゾウ・添加物(無水ケイ酸・カルメロースCa・ステアリン酸Mg)

タケダのルビーナは、江戸時代に日本で生まれた漢方処方である「連珠飲」に由来した漢方製剤。血行を促進して身体を温める四物湯(しもつとう)、水分代謝や自律神経のバランスを整える苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)という、2つの漢方処方を組み合わせたものとなっています。ホルモン剤ではないので、安心して服用できます。

更年期障害の症状の中でも、とくに疲労・だるさ・冷え症・頭痛・肩こり・腰痛・ホットフラッシュ・不眠などの症状に効果を発揮。身体のタイプとしては体力が中等度~やや虚弱で、めまい・のぼせ・立ちくらみ・動悸・貧血がある人にもおすすめの薬剤となっています。

ルビーナはホルモンバランスの乱れによる不調を改善していく処方なので、更年期障害や閉経前後にかかわらず服用できるのが特徴。ただし、1ヵ月以上服用しても効果が見られないようであれば、医師または薬剤師への相談を推奨しています。

利用した方からの口コミをチェック!

肩と背中のコリがひどく、40歳になってから更年期のはしりのような症状が続いていました。何かいい薬はないかと思って見つけたのがルビーナだったのですが、体質に合っていたのか肩や背中の痛みがだいぶ減りました。めまいや倦怠感にも効いています。

ちょっとしたことでイライラしたり塞ぎ込んだりと、精神的に不安定なときに飲み始めました。すぐに効果は出ないだろうと思っていましたが、1週間ほどで不眠の症状が改善。しっかり眠れるようになったおかげか、精神もかなり安定してきました。

更年期障害と見られるのぼせと汗を緩和したい…と思って購入。10日くらい服用し続けたところで、のぼせがかなり減っていることに気づきました。気持ちも落ち着いて、些細なことでイライラすることも減った気がします。

アラフィフと呼ばれる歳になってから、ホルモンの減少によるものなのか肩こり・頭痛の症状が悪化。何とかしたいと思い、薬局で薦められたルビーナを飲み始めました。1瓶飲み終わったところですが、気分が安定しているように感じます。

もともと肩こりや腰痛持ちだったのですが、更年期に入って症状がひどくなり、ルビーナを始めてみました。思った以上に効果があり、つらい肩こりや腰痛が軽減したのを感じます。飲むと多少胃もたれはするのですが、許容範囲だと思っています。

【関連記事】

■更年期障害の対処法4:サプリメントを取り入れる

■命の母A/小林製薬

■トコフェロンEナチュール/薬日堂

■更年期障害の対処法3:漢方薬を服用する

▲このページの上部へ