マカ

更年期障害をサプリメントで改善

女性の更年期にも効果を発揮するマカとはどのようなものか、その成分と働きについて詳しくまとめました。実際にマカを利用している方からの口コミもご紹介しています。

更年期に効果を発揮するマカとは

マカとは、南米ペルー原産のアブラナ科の多年生植物。日中は気温約20℃・夜は-10℃という激しい温度差・乾燥した空気・強い紫外線といった厳しい環境下でも生息することができ、非常に強い生命力を持っているのが特徴です。栄養の少ない痩せた土地から限られた栄養を吸収しているため、カブのように膨らんだ根にはアミノ酸・ミネラル・ビタミンなどが豊富に含まれています。その栄養価の高さは「完全食」と評され、アメリカのNASAでは宇宙食としても採用しているほどです。

マカの豊富な栄養分は疲労回復をはじめ、ホルモンバランスを整える作用があることでも有名。その他にも性機能の改善・不妊・美容効果など、幅広い用途で使用されています。原産国であるペルーでは毎日の健康維持だけでなく、ホルモン療法としても利用されています。

マカ(DHC) 画像 商品名(販売元) マカ(DHC)
価格・内容量 1,749円・30日
配合成分 マカ濃縮エキス末405mg(ベンジルグルコシノレートとして9.72mg)・ガラナエキス末・冬虫夏草菌糸体末・亜鉛・セレン・マカ濃縮エキス末・ガラナエキス末・亜鉛酵母・冬虫夏草菌糸体末・セレン酵母 ・セルロース・グリセリン脂肪酸エステル・ゼラチン・着色料

更年期障害への効果

マカには、グルコシノエレート・ステロールといった植物性エストロゲン、ホルモン分泌を司る視床下部・脳下垂体を調整するアルギニンといった成分が多数含まれています。これらが体内でホルモンの生成・分泌をサポートし、自律神経を整えてホルモンバランスの乱れを改善してくれるのです。この他にも、バランスよく含まれた必須アミノ酸・ミネラル・ビタミンなどが健康・美容に対して相乗効果を発揮し、体質改善にも役立つと言われています。

更年期障害の治療にホルモン補充療法がありますが、マカであれば人為的な投与を受けずに同様の効果を期待することが可能。しかも安全性が高く、副作用の心配がほとんどないのが特徴です。臨床試験のデータからすると、マカの1日の摂取目安量は1500mg~3500mg程度。1回に大量を摂取するのではなく、毎日継続していくことが大切です。

利用者からの口コミをチェック!

45歳を過ぎた頃から、めまいや不眠など今までになかった症状を経験。婦人科で検査を受けたところ、ホルモンバランスが乱れているとのことでした。とにかくホルモンを整えたいと思い、効果があると聞いたマカを服用。すると、驚いたことに2週間ほどで不眠が解消されました。今後も、更年期を乗り切るために飲み続けます。

閉経を迎える時期に差し掛かり、生理不順や体調不良が続いていました。身体もだるくて重い日々が続き、なんだか表情も暗くなっていました。マカは婦人科で知り合った方に薦められたのですが、3ヵ月くらいで朝の倦怠感が抜けたのを実感。生理周期もなぜか整い始め、身体が若返ったみたいです。

頭痛や肩こりなど、更年期障害らしき症状に悩まされるようになりました。マカはホルモンバランスの調整に効くと聞き、飲み始めて1ヵ月ほどで効果を実感。ほとんど毎日起こっていた頭痛がなくなり、精神的なイライラもなくなったんです。男性のサプリだと思っていましたが肌の調子もよくなったし、美容効果も高いと思いますよ。

【関連記事】

■プラセンタ
■プエラリア
■ザクロ
■ローヤルゼリー
■ビタミン類
■大豆イソフラボン

▲このページの上部へ