女性ホルモンとの関係

大豆イソフラボンのイメージ

女性ホルモンの1つであるエストロゲンと似た働きを持つ、大豆イソフラボンについてまとめました。イソフラボンの効果には個人差がある、という気になる情報にも目を通しておいて。

大豆イソフラボンと女性ホルモンの関係

年齢と共に、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量は減少していきます。すると、体内のホルモンバランスが乱れ「更年期障害」と呼ばれる身体的、精神的なトラブルが発生するのです。大豆イソフラボンはエストロゲンと同様の働き(ストロゲン様作用)を持っているため、不足分を補い、さまざまなトラブルを予防や緩和するという働きが期待できます。

ちなみに、エストロゲンは女性の生殖機能を正常に機能させるだけでなく、女性の健康や美容に対して非常に重要な役割を持っています。その働きは以下の通り。

更年期に入ってエストロゲンが減少すると、以上のような機能が乱れてさまざまなトラブルが発生。症状は人によって異なりますが、主に生理不順・ほてり・のぼせ・発汗・冷え症・動悸・イライラ・不安感・睡眠障害・物忘れ・しびれ・肩こり・腰痛・倦怠感などが見られるようになります。

大豆イソフラボンは食品に含まれているものですが、サプリメント等で摂取する際には注意が必要なケースもあります。まず、ホルモン剤や抗ガン剤を使用している方は自己判断での摂取は避け、必ず医師に相談するようにしましょう。また、大豆アレルギーの方が無理に摂取すると、重いアレルギー症状を起こす可能性もあります。体質的に何か不安があるときは、必ず医師に相談してから使用するようにしてください。

イソフラボンの効果は人それぞれ?

大豆イソフラボンは女性の更年期障害に効果があるものですが、なかには「摂取したけど何の効果もない」と思う方もいるようです。その原因は、大豆イソフラボンのストロゲン様作用を担っている、「エクオール」という物質の産生能力が低いことにあります。

エクオールの産生能力には個人差があり、なかには大豆・大豆製品を食べてもほとんどエクオールを作れない方もいるのです。

大豆イソフラボンの効果に差異がある理由の大部分が、このエクオールの生産量にあるといわれています。

【関連記事】

■大豆イソフラボンってなに?
■イソフラボンの上手な取り入れ方
■注目のスーパーイソフラボン「エクオール」

▲このページの上部へ