大豆イソフラボンってなに?

大豆イソフラボンのイメージ

大豆イソフラボンとはどんなものなのか、どのような効果を持っているのかなど、基本的な情報について解説しています。美肌効果・骨粗しょう症予防・更年期障害の緩和など、女性に嬉しい働きが満載です!

大豆イソフラボンとは

大豆イソフラボンとは、大豆の胚軸に多く含まれるポリフェノールの一種。大豆1粒にわずか0.2~0.3%ほどしか含まれていない、非常に貴重な成分です。ポリフェノールとは植物の色素や渋み、苦味などの元となるもので、身体を酸化させる活性酸素の働きを抑制。高い抗酸化力で、アンチエイジングやさまざまな病気の予防に役立つと言われています。

イソフラボンとひと口に言ってもさまざまな種類や分類があり、現在のところダイゼイン、ゲニステインなど15種類が確認されています。また、大豆や大豆製品に含まれるイソフラボンは通常だと糖が結合した状態ですが、糖が分離したものをアグリコン型といいます。アグリコン型のイソフラボンはエストロゲンと分子構造が似ているため、体内でエストロゲンと同様の働きをすることが分かっています。

大豆イソフラボンの働き

大豆イソフラボンには、女性の健康や美容をサポートする嬉しい働きがたっぷり詰まっています。摂取することで期待できる効果は以下の通り。

【関連記事】

■女性ホルモン(エストロゲン)との関係
■イソフラボンの上手な取り入れ方
■注目のスーパーイソフラボン「エクオール」

▲このページの上部へ