その原因と女性ホルモンとの関係

女性ホルモンとの関係メインビジュアル

閉経前後に見られる更年期障害とはどんな症状か、何が原因で起こるのかを分かりやすく解説しています。とくに関係が深いとされる女性ホルモン(エストロゲン)との関係性については、ぜひ目を通しておいてください。

更年期障害とその原因とは

更年期障害とは、ホルモンバランスの乱れ・減少が原因で起こる身体的・精神的不調のこと。女性の場合、女性ホルモンの分泌量が減少する閉経前後の期間を「更年期」と呼び、日本人では45~55歳あたりの期間と言われています。

更年期障害の症状は、自律神経失調症状・精神症状・その他の症状に分類されます。一般的には、頭痛・ほてり・のぼせ・発汗・イライラ・頭痛・肩コリ・腰痛・不眠・うつ症状などが代表的。ただし、更年期障害の発症時期・期間・症状の出方には個人差があります。

女性ホルモンと更年期障害の関係

更年期障害に大きく関与する女性ホルモンに、エストロゲンがあります。エストロゲンとは、卵巣で作られるもので、別名を卵胞ホルモン。女性らしいボディライン・肌のハリ・月経・妊娠・出産などを司っています。

しかし、更年期に入ると卵巣機能が低下し、分泌されるエストロゲンの量も減少。脳はエストロゲンを分泌させようと卵胞刺激ホルモンを分泌しますが、卵巣は機能が衰えているため、必要量のエストロゲンを分泌できなくなります。これが、更年期障害を引き起こすホルモンバランスの乱れの原因です。

また、更年期に入る年代の女性は、身の周りを取り巻く家庭環境・社会現象が大きく変化しがち(子供の受験・巣立ち・仕事の退職など)。

また、若い頃に行ったムリなダイエット・不規則な生活態度などが、身体的ダメージとして影響してくる恐れもあります。ホルモンバランスだけでなく、こうした要因も更年期障害の症状を複雑にしていると言われています。

女性の人生の1/3はエストロゲン欠乏状態

エストロゲンとは卵巣で作られるホルモンで、子宮の発育・女性らしい身体の丸み・妊娠などを司るもの。生殖器への作用だけでなく、骨・神経・皮膚・脳などにも深い関わりのあるホルモンです。女性の身体を守るうえで、最も重要な働きをするホルモンであると言っても過言ではないでしょう。

100年以上前は閉経と寿命がほぼ同じ(50歳前後)であったため、女性が更年期障害に悩まされることはほとんどなかったそうです。しかし、平均寿命が85歳まで伸びた今、女性は閉経してから30年間以上もエストロゲンが欠乏した状態で過ごさなければならないのです。

更年期と上手に付き合い、その後をイキイキと過ごすためにも、更年期障害というものをしっかり理解しておく必要があります。

【関連記事】

■更年期障害がはじまる年齢
■身体に見られる更年期障害の症状
■心に見られる更年期障害の症状
■大豆イソフラボンと女性ホルモン(エストロゲン)との関係

▲このページの上部へ