骨粗しょう症

骨粗しょう症と更年期障害の関係のイメージ

更年期障害と関連の深い、骨粗しょう症についての情報をまとめました。更年期以降は骨粗しょう症のリスクが高まることや、日頃の予防が重要であることなどに注目してください。

更年期障害と関連の深い「骨粗しょう症」とは

骨粗しょう症とは、骨からカルシウムが流出して中がスカスカの状態になること。とくに、更年期~更年期以降の女性に多く見られる症状です。骨が脆くなるだけで命に関わるような病気ではありませんが、わずかな衝撃でも骨折しやすくなり、これが原因で寝たきり・要介護状態になってしまうことも少なくありません。

骨粗しょう症の厄介な点は、自覚症状がないこと。骨折してはじめて、自分が骨粗しょう症であることに気づくケースがほとんどです。

骨折のほかにも、背中や腰の痛み・骨の変形・長時間歩行できない・仰向けで寝られなくなるなどの症状が見られますが、やはり骨粗しょう症と結びつける人は少ないようです。自覚症状がなくても更年期に入ったら自発的に骨密度測定を受け、自分の骨の状態を把握しておく必要があるでしょう。

主な原因

女性ホルモンであるエストロゲンには、骨密度を正常に保つ働きがあります。更年期に入ってエストロゲンが減少すると血中カルシウム濃度がうまく調整できなくなり、骨の代謝のバランスが乱れます。すると、スムーズに骨の再形成が行えなくなり、どんどん骨密度が下がってしまうのです。

骨粗しょう症になると、骨の変形(背中が曲がる・身長が縮む・姿勢が悪くなるなど)や腰痛・歩行障害などが現れますが、これらの症状は急激に現れるワケではなく、少しずつ進行するのが特徴。それゆえに、自分が骨粗しょう症だと気づかないケースが多いようです。

また、骨粗しょう症による骨折は、骨が元に戻るまで非常に時間がかかります。その間に筋力が衰え寝たきりになってしまうことも多いので、くれぐれも注意しましょう。

効果的なケア方法

骨粗しょう症を予防するには、日頃からの生活改善が重要です。まずは食生活。丈夫で健康な骨づくりのためには、カルシウムとビタミンDの摂取が欠かせません。カルシウムが多い食材は、牛乳・乳製品・イワシ・小魚・小松菜・パセリなど。ビタミンDは、キノコ類・魚介類に多く含まれています。これらの食材を、積極的に取り入れていきましょう。

摂取したカルシウムを骨に定着させるには、適度な運動も必要。ウォーキングや軽いジョギングなどで身体を動かし、骨形成を促進させましょう。また、ビタミンDは日光を浴びることで体内でも生成されるため、外での運動がおすすめです。適度な運動は骨粗しょう症の予防になるだけでなく、更年期障害のさまざまな症状を緩和してくれますよ。

骨粗しょう症の疑いがある場合は、整形外科で検査をしてもらうことも大切です。骨密度の検査では、超音波を使って骨の密度を測定。レントゲン検査では主に胸部・腰部を撮影し、骨の変形の有無などを判断します。結果によってはビタミン剤・ホルモン剤などを処方されることもあるので、正しく服用して骨粗しょう症の改善に努めましょう。

【関連記事】

■更年期障害を和らげる5つの対処法
■更年期障害の対処法2:市販薬を服用する
■更年期障害の対処法5:ホルモン補充療法(HRT)を受ける
■大豆イソフラボンってなに?

▲このページの上部へ