肌荒れ

更年期障害の症状イメージ

更年期障害に多く見られる肌荒れの症状と、その原因とされるホルモンバランスの乱れについて解説しています。肌荒れを予防・改善するためのケア方法や、ホルモンバランスを整えるために摂取した成分についても必見です。

更年期障害の肌荒れの特徴

肌荒れ 女性 イラスト更年期の女性がとくに敏感になる症状が「肌荒れ」。更年期と呼ばれる年代に入ってから急に肌荒れが悪化したり、肌のかゆみや乾燥を感じるなどの場合は、更年期障害の症状である可能性があります。

更年期の肌荒れは乾燥やかゆみだけでなく、シミ・しわ・くすみなどの症状が目立ってくるのが大きな特徴。加齢に伴う肌の老化もプラスされ、中にはメイクで隠しきれないほど肌荒れが悪化するケースもあるようです。

また、肌荒れは顔だけでなく、全身に現れることもあります。腕や背中がカサカサしてひどいかゆみを覚えたり、皮膚が薄くなってしびれを感じることもあるのです。

症状に関する口コミ

●団塊世代です。更年期にさしかかり、ひどい肌荒れに苦しんでいます。皮フは剥けるし、膿まで出ているし・・・。おまけに花粉症まで併発しています。本当に悩みが尽きません。

●顔の肌荒れがひどいです。人に見せられたものではありません。超敏感肌になってしまいました。有名な化粧水を試してみたのですが、かえって赤く炎症を起こしてしまい、ヒリヒリしています。乾燥はどんどん進んで、痛くて口もあけられないことも。

●更年期障害の症状が色々出ているのですが、その中でも肌荒れが一番ひどいです。あまりにひどいので皮膚科に言ってみたのですが、治るどころか、かえって悪化してしまいました。薬が合っていないのでしょうか。ブツブツしたニキビみたいな吹き出物もでき始めています。

●更年期で女性ホルモンが減ったことが原因だと思いますが、肌荒れが大変です。過去一番高い化粧水を購入して使ってみましたが、それでも一向に改善する兆しはありません。それどころか、逆に状態は悪くなっています。他にも色々高級化粧水を使ってみたのですが、どれを使っても肌荒れは悪化するだけでした。

主な原因

女性ホルモンの1つであるエストロゲンは、肌の水分保持・ハリ・弾力をキープする役割を果たしています。

しかし、更年期に入ってエストロゲンの量が急激に減ると、皮膚の水分を保持するコラーゲンが不足し始め、肌の潤いやハリがなくなってしまうのです。さらに、エストロゲンの減少により皮脂の分泌量も不安定に。皮脂不足による乾燥肌、ニキビ・吹き出物の増加、毛穴の詰まりなど、さまざまな肌トラブルを引き起こします。

また、新陳代謝が悪くなることによるターンオーバーの乱れも原因の1つ。皮膚の生まれ変わりが未熟になるため少しの刺激にも敏感になり、ちょっとしたことで赤みやかぶれなどの症状が出てしまうこともあります。かゆみ・痛みを伴うこともあり、ひどい場合は不眠やうつ症状に繋がることもあるのです。

対処法

肌荒れの原因はエストロゲンの減少ですから、同様の働きを持つ大豆イソフラボンを積極的に摂取しましょう。サプリメントなどで摂るのも有効ですが、大豆イソフラボンの過剰摂取はホルモンバランスを逆に乱してしまうこともあります。摂取する量には気を配りましょう。

肌ケアの基本である保湿も重要。洗顔フォームや石鹸は刺激が強すぎないものを使い、しっかり泡だてて皮膚に刺激を与えないようにします。保湿化粧品も、できるだけ添加物が入っていないものを選ぶとよいでしょう。また、紫外線は肌に大きなダメージを与えるため、1年を通してしっかりと紫外線対策をすることが大事。日焼け止めはもちろん、帽子・日傘・手袋などの使用も効果的です。

睡眠不足はお肌の大敵なので、1日最低でも6時間は睡眠時間をキープ。肌の老化を防いでくれる成長ホルモンは睡眠中に多く分泌されるため、質のよい睡眠を心がけましょう。睡眠中も肌の乾燥を防ぐため、部屋の湿度調節なども忘れないでくださいね。

対処法に関する口コミ

●信頼できる皮膚科の女医さんに診てもらいました。結果は良好。嘘のように肌荒れが治りました。ノブ化化粧品を勧められたのですが、それが良かったのだと思います。ノブの日焼け止めを使うと肌の調子が良くなってきて、肌荒れどころかむしろ美白に近い感じになりました。

●最初は漢方薬で改善を図ろうと試みましたが、私にはあまり合っていなかったようでした。そこで一般的なホルモン治療を取り入れると嘘のようによくなりました。肌荒れから吹き出物まであったお肌が、更年期前のすっかりキレイな肌に。最初からホルモン治療にしておけばよかったです。

●更年期の肌荒れには色々試してみましたが、振り返ってみれば、玄米スープが一番効果的な対処法だった気がします。玄米スープや米ぬかを摂ると、栄養不足も補われていたのかもしれませんね。本当に肌の調子が良かったです。

●更年期全般に効くとの噂を耳にしたので、思い切ってプラセンタを飲み始めました。藁にもすがる思いでしたが、これがなんと効果てきめん!肌の調子がどんどん良くなり、毛穴も目立たなくなり、やはて乾燥もなくなって、まるで更年期よりずっと前の自分に肌に戻ったみたいです。

●紫外線防止の意味で、樋川、帽子、サングラスを使用しました。また、化粧水をつけるときは、まず冷たくしたタオルで十分に顔の肌表面を冷やしてから。少し面倒に感じることもありましたが、これで肌の状態はよくなりました。

●更年期の肌荒れ対策としてケイ素の入った液体のumoサプリを飲んだところ、だいぶ症状が改善されました。毎日サプリを飲み、そして10倍に薄めたumoを顔にスプレーするという流れです。お通じが良くなり、肌荒れが改善してきました。

●母の勧めでローヤルゼリーを飲むようにしてみました。飲み始めてから3ヶ月ほどたったあたりで、明らかな効果を実感。ガサガサの肌荒れは改善し、会社の人たちからも、肌がキレイになったと言われるようになりました。

●便秘が肌荒れに良くないとは知っていたので、とにかく野菜を多く摂るようにしました。特にお通じを促す繊維と乳酸菌は欠かさず毎日摂取するように。その結果、私の場合は見違えるように肌がキレイになりました。

●更年期障害への対策として、漢方薬と豆乳を飲むようにしています。豆乳はイソフラボンが入っていて、減少している女性ホルモンを助けてくれると聞いたことがあったからです。しばらく続けると、肌荒れ、アゴのニキビも解消し、主人にも、肌がキレイになったねと言われるくらいまで改善しました。

●陶板浴が肌荒れに良いらしいとのことでしたので、更年期になって初めて陶板浴に入りました。肌荒れを始め、便秘、むくみなど更年期障害の症状全般が、かなり良くなったのがわかります。これには驚きです。

●普通に薬局で売っている漢方(ヨクイニン)を利用。かなり肌荒れは目立っていたのですが、今はだいぶ落ち着いて見えます。なお、ピーリングも短い期間ではありましたが、効果ありでした。

●阿膠プラセンタサプリを飲み始めて、かなり肌の調子は回復してきました。サプリが切れると肌荒れが再開してくるような感じがありますので、怖くて手放せません。忘れないようにこまめに注文をしています。飲んでいるという安心感も良い影響を与えているのかもしれません。

【関連記事】

■更年期障害の対処法1:食事を改善する
■更年期障害の対処法4:サプリメントを取り入れる
■大豆イソフラボンってなに?

▲このページの上部へ