白髪・薄毛

更年期障害の症状イメージ

更年期に入ると多くなる悩みの1つ、白髪・薄毛の原因について解説しています。白髪・薄毛を予防するためのセルフケア法や、積極的に摂取したい栄養素についてもご紹介。

更年期に見られる白髪・薄毛の特徴

髪を気にする女性 イラスト白髪・薄毛も、更年期によく見られる症状の1つです。個人差はありますが、40代以降になると髪にハリやコシがなくなる・毛が細くなる・抜け毛が増える・パサつく・白髪が目立つなど、髪に関するトラブルが増加していきます。

薄毛に関しては、シャンプーや髪をとかしているときに多く抜けるようになったら要注意。放っておくと髪がどんどん少なくなり、気がついたときには地肌が見えるようになっていることもあるようです。

白髪は加齢に伴って増えていくのが一般的ですが、更年期障害の場合は急激に量が増えるのが特徴。一度白髪になった髪を黒く戻すのは難しいため、できるだけ白髪を増やさないようにしていくことが大切です。

主な原因

髪の毛の成長には女性ホルモンであるエストロゲンが関与していますが、更年期に入ってその量が減少すると髪の毛にも影響が出てきます。エストロゲンの減少により、毛髪の成長期が短くなり休止期が長期化、徐々に本数が減ってきます。また、頭皮の萎縮・血行不良・たんぱく質不足によっても、薄毛は促進されてしまいます。

白髪の増加については、毛根部分にある色素細胞(メラノサイト)の機能低下が原因だと言われています。そのほか、遺伝も大きく関与していますし、ストレスや栄養不足なども原因に挙げられるなど、いくつもの要因が絡み合っているようです。

また、更年期に多いストレスやイライラなどの精神症状によっても、白髪・薄毛が増えるとされています。髪に何らかの変化を感じたらまずはセルフケアを行い、それでも改善しないようであれば医療機関に相談してみましょう。

対処法

白髪・薄毛を予防するには、毎日のセルフケアが非常に重要です。頭皮の血行をよくするには、指の腹を使ってのマッサージが効果的。髪の生え際から頭頂部に向かって、皮膚が柔らかくなるように揉みほぐしていきます。このとき、爪を立てたり力を入れすぎるのはNG。半身浴をしながら行うと、より血行が促進されるのでおすすめです。

髪や頭皮にムダな刺激を与えないことも大切です。ブラッシングは根元からとかすのではなく、毛先から少しずつとかすようにすると◎。シャンプーも、洗浄力の強すぎるものは避けた方がよいでしょう。ドライヤーを使用する場合は、頭皮に熱風をかけすぎないよう注意。頭皮とドライヤーの距離は最低でも20cmはキープし、パワーも弱めにするのがおすすめです。また、外出する際は紫外線から髪と頭皮を守るため、帽子や日傘を使うようにしましょう。

健康な毛髪・頭皮を保つためには、たんぱく質・ミネラルをしっかり摂取することも重要。たんぱく質を多く含む大豆製品・肉・魚、毛髪の成長をサポートするミネラル・ビタミン類が含まれた緑黄色野菜・海藻・果物をバランスよく取り入れましょう。とくに、大豆製品に含まれるイソフラボンはエストロゲンと同様の働きをするので、積極的に摂取してください。

【関連記事】

■更年期障害の対処法1:食事を改善する
■更年期障害の対処法4:サプリメントを取り入れる
■イソフラボンと女性ホルモン(エストロゲン)との関係

▲このページの上部へ